これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2020年4月7日火曜日

株式会社LITALICO

全国に約100ヶ所の放課後等デイサービスの事業所を運営している株式会社LITALICOの森田さんが訪ねてくださいました。
LITALICOは、発達障害に関するポータルサイト「発達ナビ」を運営していることでも有名です。
株式会社LITALICOとは、以前からおつきあいがあり、東京の本社も見学させていただきました。
今回は、ほがらかファミリー音羽で使うソフトの契約をして、そのフォローアップに来てくださいました。
LITALICOに興味を持ったのは、お会いした社員の人がみんな、自分の言葉でしっかりと自分の会社の考えを語ることです。
今日、初めてお会いした森田さんもそうでした。
そして、これまでお会いした社員の方々は、みんな、自分自身を成長させようとしています。ステキですね。
もちろん、今日も話が弾みました。
しかも、ソフトの押し付けではなく、ぼくらのやり方に、どのようにソフトを活かせばいいかを真摯に考えてくださいました。

ちなみに、ほがらかファミリー音羽で、スタッフのみんなが書いてくれている日々の記録を見て、そのていねいさに驚かれていました。
さらに、スタッフのみんなの雰囲気があったかくて楽しそう、と褒めてくださいました。

今後も、LITALICOの皆さんとは、いい関係を深めていければと思います。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年4月5日日曜日

NPO法人こどもほがらかワールド

NPO法人ほがらか絵本畑の事業の幅を広げるため、名称を変更しました。
4月よりNPO法人こどもほがらかワールドになりました。
今まで、絵本を中心とした活動だったのですが、おもちゃや食育などを通じて、子どもの元気を引き出します。
また、これまで講師はぼくひとりでしたが、「たいち」と「たけちゃん」の2名を加えて、層が厚くなりました。
子どもたちが元気になる活動を、いっぱいやっていきます。
ちなみに、ぼくたちのミッションは以下の通りです。

“子どもが元気な社会”をつくります。

乞うご期待。

HPができましたので、是非、のぞいてみて下さい。
https://hogaraka-g.org/

From:しん





2020年4月4日土曜日

今日はメイン

ほがらかファミリー音羽では、療育を行なうに際して、ひとりの子どもたちに対して、その日の担当を決めています。
ぼくらは、この担当を「メイン」と言っています。メイン以外には、補助や記録をとる「サブ」がいます。
ぼくは、普段、なかなか時間がなくて、メインをする機会があまりないのですが、今日は久々にメインをさせてもらいました。
ぼくがメインをする子は2才の子です。天気がいいので、近くの音羽公園までお散歩。
音羽公園は、いつも人が少なく「密」ではないので安心です。
手をつないで公園まで行って、すべり台やシーソーで遊びました。
ちょっとずつ様々な仕掛けをして、体の動きや反応を確認したりするのですが、ぼくは遊び感覚でやっています。
その時の子どもの様子が、ぼくは楽しくて、おかしくてたまりません。
ぼくが笑うと、子どもも喜びます。一緒に楽しいことをしている感覚なのだと思います。
楽しく遊ぶことで、いろんな成長の姿が見られるのです。
一緒に行ってくれたママも、とってもうれしそう。
子どもたちと一緒に遊んでいると、愛しさが倍増しますね。

コロナウィルスの影響で、今はどの家庭も子どもと一緒におうちにいる時間が長くなっていると思います。
遊び感覚で子どもに接すると、楽しい時間になると思います。
「遊び感覚」がわかりづらければ、「遊び半分」という捉え方でもいいと思います。
いつでも、どこでも、楽しい時間を!

From:しんちゃん

2020年4月3日金曜日

ユーチューブ動画第3弾「かがくいひろしさん、知ってますか?」

ユーチューブ動画第3弾「かがくいひろしさん、知ってますか?」をアップ!
今のところ、最初にお約束していた通り、毎週1本、ユーチューブ動画をアップしています。
今回は、ぼくの大好きな絵本作家・かがくひろしさんとの交流についてお話ししました。
ご存知の通り、かがくいひろしさんは、大ヒット絵本作品『だるまさんが』の作者です。
かがくいさんは、2009年に病気でこの世を去りましたが、かがくいさんの作品は、今も多くの子どもたちに読み継がれています。
動画を見ていただければ、かがくいさんの人となりが、ほんの少しわかっていただけるかな、と思います。

ユーチューブから「絵本のしんちゃん」で検索すると出てきます。
こちらのリンクからも飛べます。
https://www.youtube.com/watch?v=A6HvpX4JUBo


第3弾「かがくいひろしさん、知ってますか?」


絵本を読む人・しんちゃん