これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2020年2月18日火曜日

三重県伊賀市_桃青の丘幼稚園

三重県伊賀市の桃青の丘幼稚園で絵本ライブ。
定期的にうかがっている幼稚園です。
普段は、学年別に絵本を読んでいます。
年度の最後は全員一緒に楽しんでもらいます。
絵本のページをめくるたびに、子どもたちに質問をします。
「この動物はなんでえらいの?」
「この子どもはなんでえらいの?」
「地面はなんでえらいの?」
「傘はなんでえらいの?」
いっぱいの手が挙がります。
そして、いっぱいの答を聞かせてくれます。
それぞれの答は、どれもステキです。
ず~っと質問し続けたいですね。

ちなみに、桃青の丘幼稚園では、学年別で絵本を読むときはお部屋で。
全員が相手のときはホールで読みます。
このホール、大きいんです。天井も高いんです。
できれば、広さも高さも、この3分の1くらいの部屋があると、全員の子どもたちが楽しむのにちょうどいいんですけどね。


今日は全員がお相手。


あれこれ質問しちゃう。


ステキな答がいっぱい返ってきます。


体も動かします。


年長さんには、しんちゃんの耳パワーをあげる。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年2月17日月曜日

三重県伊賀市_猪田保育所

三重県伊賀市の猪田保育所で絵本ライブ。
今日は参観日です。
園に着いたら、年長クラスが保護者さんと一緒に、園庭でドッジボールをしていました。
勝負がついた瞬間、勝ったチームの保護者さんと子どもたちからは大歓声。
保護者さんノリノリです。

その後の絵本ライブのときも、保護者さんはノリノリでした。
クイズ形式の絵本では、子どもたちと本気になって競っていました。
おもしろい絵本では、子どもたちと一緒に大きな声で笑っていました。
子どもたちの反応に、にこにこでした。

ステキですね。
子どもたちが、のびのびと楽しんでくれているのは、この保護者さんの様子を見ているだけで、よくわかります。
大人が楽しそうにしていれば、子どもは安心しますからね。

先月、この地区の小学校でおはなしをさせていただいて、地域の方々の積極性にびっくりしたのをおぼえています。
やっぱり大人がステキな地区なんですね。


0,1,2才児。みんなでぴょーん!


0,1,2才児。なんだかうれしいぞ!


3,4,5才児。子どもも大人もにっこにこだ!


3,4,5才児。ノリのいい子どもに、ノリのいい保護者さんたち。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年2月16日日曜日

三重県津市_「協創シンポジウム~地域と食と人を結ぶ」

みえNPOネットワーク主催の「協創シンポジウム~地域と食と人を結ぶ」に行ってきました。
食に関して、三重県内で福祉をベースにしたレストランを運営したり、ネット販売で食に関する新しい取り組みをしている人たち3名の話を聞きました。
ほがらかグループでは、いずれ食に関する事業を展開できたらと考えていて、ほがらかグループの専属シェフ(笑)と一緒に話を聞きに行ってきました。
三重県内で福祉をベースにしたレストランを運営したり、ネット販売で食に関する新しい取り組みをしている人たち3名の人たちが登壇して、いろんな話をしてくれたり、意見交換をしました。
自分たちとは違ったフィールドで、違ったことに取り組んでいる人たちの話ですが、自分たちに引き寄せて考えると、ちゃんと接点がありとてもいい刺激になります。相変わらず、ぼくは質疑応答のときに、バンバンと質問をさせていただきました。
シンポジウム終了後も、登壇者の方々とお話をさせていただきました。
ぼくらの事業にも興味をもっていただきました。
さっそく「うちで社員研修をして」というリクエストをいただいたいのは、うれしい限りです。
今後、登壇者の方々との接点が、どう深まっていくか楽しみです。


とてもいい出会いがあったシンポジウムでした。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年2月15日土曜日

三重県伊賀市_成和西小学校

三重県伊賀市の成和西小学校でおはなし&講演。
前半は、約100人の全校生におはなし。保護者さんと地域の方々は、その様子を見ていただきます。
後半は、児童は退出し、保護者さんと地域の方々に講演。
この地域もご多分に漏れず、過疎化、少子化が進んでおり、数年前に2つの小学校が統合して今に至ります。
そんな中で、子どもたちはスクスクと育っています。
子どもたちとやりとりをしていて、それがよ~くわかります。
素直に笑える、素直に聞ける子たちです。等身大の自分でいられるんですね。
これは、地域や家庭があったかい証拠です。
現に、後半の大人の方々への講演においても、地域の方々は、表情豊かに聞いてくださいました。
目に見えないけども、この地域ならではのものがあります。
これからも、それを大事にしてほしいですね。

講演終了後、ひとりの役員の方がこうおっしゃっていました。
「私、この地域が大好きなんです!」


素直に笑い、素直に聞ける子たちです。


身振り手振りのおはなしの世界に、子どもたちはグングンと入っていきます。


あったかい保護者さん、地域の皆さんです。


絵本を読む人・しんちゃん