これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2018年7月22日日曜日

京都府宇治市_少林寺 京都府教区研修会

京都府宇治市で行なわれた少林寺の京都府教区研修会にうかがいました。
ぼくは、少林寺で取り組んでいる絵本プロジェクトの顧問をしています。
あちこちにうかがって、絵本プロジェクトの普及につとめています。
京都は昨年、初めてうかがいました。その間、いくつかの京都の道院にもうかがいました。
一年ぶりにうかがってみたら、声をかけてくださる先生が、かなり増えました。
そして、今回も貴重な研修の日に、絵本の時間をとってくださいました。
会場に行って、10人の子どもたちが来るので、絵本を読んでほしい、ということになりました。
70名の大人に囲まれた10人の子どもたちを想像すると、緊張するのが目に見えます。
急いで、車に戻り着替えました。Yシャツを着ていたのですが、少しでもラフな雰囲気を出すために、Tシャツに着替えました。
そして、子どもたちが登場。案の定、やや緊張していましたが、大人の拳士の皆さんの笑い声に、だんだんとリラックスしてくれました。
おはなしや絵本を通じて楽しんでもらいながら、少林寺の教えが根底に流れている、というようなものをやりました。
子どもたちが来てくれたおかげで、絵本プロジェクトの趣旨を説明だけではなく、実演することができました。
うんと伝わりやすかったと思います。
暑い中、来てくれた子どもたち、ありがとう!


こんなたくさんの大人の人に囲まれています。


前の方にちんまりと子どもたちがいるでしょ。


とっても楽しい答がたくさん返ってきました。



絵本を読む人・しんちゃん

2018年7月21日土曜日

三重県松阪市_松阪市子ども支援研究センター

三重県松阪市の松阪市子ども支援研究センターで講演。
乳幼児教育の内容で講演依頼がありました。
昨年も呼んでいただき、今年もた~くさんの先生方がご参加くださいました。150名を優に超えました。
保育園、幼稚園、小学校、中学校の先生方です。
小中学校の先生方も、熱心な方は乳幼児教育に興味をもたれています。
ぼくの話した内容は、乳幼児教育のことも話しましたが、子どもの姿を見つめながら、大人自身がどう生きていくのか、という話をしました。
皆さん、真剣に聞いていただきました。
これだけ真剣に子どもと向き合ってくれている先生方がいてくれるのは、ほんとにうれしいです。
子どもたちに伝えたいです。
「みんな、大丈夫!これだけの先生方が真剣にきみたちのことを考えているんだから」と。
話の流れで、以前に玉城町の玉城中学校で全校生に講演をしたときの話をしたところ、講演終了後にひとりの保育士さんが来て「私、そのとき聞いていた生徒です」と。
もうびっくりするやら、うれしいやら。
1回1回の出会いを大事にしていると、ステキなご縁がつながっていきますね。


2年連続で来させていただいています。


中に入っていろんな質問をします。


これだけの真剣な先生方がいるのだから大丈夫!


絵本を読む人・しんちゃん

2018年7月20日金曜日

三重県伊賀市_あやま保育所

夜、三重県伊賀市のあやま保育所で保護者さんに講演。
皆さん、忙しい中、しかも夜に集まっていただいたのですから、必ず満足していただけるような話をしようと気合いたっぷりで臨みました。
しかも、この保育所は定期的にうかがって、子どもたちに絵本ライブをさせていただいているところです。
先生方のチームワークも抜群。
気合いが入らないわけがない。
来ていただいた方々には、何らかのことが心に届いたのではないかと思います。
講演終了後、園長先生のご挨拶の中で、「私は子どもたちに出会わせてもらった」という表現ありました。
ぼくも同じ気持ち。
多くの人がそんな気持ちになれたら、しあわせな子どもたちはいっぱい増えると思います。
そのために、いろんなところで、いろんな人に、ぼくの思いを伝え続けます。


気合いたっぷりです。


熱心に聞いていただきました。


「私は子どもたちに出会わせてもらった」という園長先生。


絵本を読む人・しんちゃん

2018年7月19日木曜日

アサガオ

ほがらかファミリー音羽はアサガオがいっぱい。
駐車場のフェンスの下に、子どもたちと一緒にアサガオの種を植えたのが2ヶ月ほど前。
スルスルとフェンスに蔓を伸ばして、花をあちこちに咲かせています。
午前中は、庭から見ても、道路から見ても、アサガオがいっぱい。
暑い日が続いているけど、元気なアサガオと元気な子どもたちを見ていると、こっちまで元気になるね。


アサガオも元気!子どもも元気!ぼくらも元気!


絵本を読む人・しんちゃん