これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2018年12月15日土曜日

京都府京都市_少林寺・京都修学院道院

京都府京都市の少林寺拳法・京都修学院道院にうかがいました。
京都修学院道院は、少林寺で推進している絵本プロジェクトに積極的に取り組んでいただいている道院です。
今年の夏にもうかがったのですが、今秋、道場を新たに建てられたので、新しい道場で子どもたちに絵本を読ませていただきました。
子どもたちは、相変わらず素直です。
さらに、今日は保護者さんもたくさん来てくださいました。子どもが素直なら、保護者さんもとっても素直。
しかも、どの子がどの保護者さんの子かわからないくらい、保護者さん同士は仲がよさそう。
これも、道院長の永江健将先生の熱い思いと行動が、みんなに伝わっているからでしょう。
永江先生のような「少林寺のおしえをひとりでも多くの人にわかってもらいたい」とエネルギッシュに活動している人たちが少林寺を支えているのだと思います。
今後のさらなる活躍がとっても楽しみであり、ぼくでできることがあれば精一杯応援したいと思います。
少林寺にはステキな道院長がいっぱいおられる!


建てたばかりの道場です。


広くて、きれい!


子どもたちは相変わらず素直。


保護者さんもステキ!


保護者さんにお話している間、子どもたちは道場で楽しんでいます。


行動力抜群の永江先生とパチリ。


絵本を読む人・しんちゃん

2018年12月13日木曜日

三重県四日市市_四郷地区市民センター

三重県四日市市の四郷地区市民センターで絵本ライブ。
毎年、呼んでいただいているところです。
お世話をしてくださっている民生委員の方々が、明るくて、仲がよくて、安心感たっぷりの皆さんなんです。
そういう人たちがお世話をしてくださっているので、ママさんたちも安心して来てくれています。
今回もた~くさんの未就園児親子が来てくれました。
中には、志摩で会ったママさんが四日市に引っ越してきて、今日のイベントを知り、訪ねてきてくれました。
また、市民センターの職員で、第一子の出産を来月に控えている女性が、産休中にも関わらず来てくれました。
前に出てきてもらって、元気なあかちゃんが生まれるように、みんなでパワーを送りました。
来月に控えた新しい命の誕生に、みんなで少しだけ関われたね。
今日もしあわせ感を満喫できました。


みんなでぴょーん!


読んでいるしんちゃんが一番楽しそう。


「元気で生まれてきてね」パワーをみんなで送りました。



絵本を読む人・しんちゃん

2018年12月12日水曜日

三重県伊賀市_桃青の丘幼稚園

三重県伊賀市の桃青の丘幼稚園で絵本ライブ。
定期的にうかがっている幼稚園です。
いつもは、学年ごとに読むのですが、今日は全体で読みます。
じ~っくりと、た~っぷりと楽しんでくれました。
これだけ絵本の世界に入り込んでくれると読み甲斐があります。
中でも、子どもたちの秘密を耳元でこっそりと教えてもらった時が最高でした。
その子の秘密は「0才の妹が自分で立ったの」。
家族全員で0才の子が立った瞬間を喜んでいる姿が目に浮かびます。
子どもたちにとっての秘密は、隠しておきたいことではなく、「大切なこと」なんでしょうね。
ステキ!


絵本の世界にどっぷり!


次はどうなるのか、ドキドキ!


とってもステキな秘密を教えてもらいました。



絵本を読む人・しんちゃん

2018年12月11日火曜日

三重県伊賀市_あやま保育所

三重県伊賀市のあやま保育所で絵本ライブ。
年間で複数回、定期的にうかがっているところです。
駐車場に車を停めたら、テラスにみんが出てきて「しんちゃ~ん!」と言いながら手を振ってくれます。うれしいね。
今日は3才児クラスと4,5才児クラスに読みます。
ぼくが来ると、楽しいことをしてくれるという期待をしてくれている雰囲気をひしひしと感じます。
子どもたちの期待にこたえなければ。
どちらのクラスも、みんなノリノリでたっぷりと楽しんでくれました。
4,5才児クラスでは、『それはひ・み・つ』という絵本を読んだあとに、子どもたちの秘密をひとりひとりこっそりと教えてもらいました。
みんな、ぼくの耳元でこそこそっと教えてくれます。
自分の名前をこそっと教えたくれた子もいます。秘密なのかなあ(笑)。
ぼくも、た~っぷりと楽しませてもらいました。


3才児。思わず飛び上がる子も!


3才児。思わずひっくり返る子も!


4,5才児。絵本にググっと集中!


絵本を読む人・しんちゃん