これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2020年11月26日木曜日

スタッフの工夫

いつの間にか、スタッフ用の玄関にタオル掛けがついていました。
傘を掛ける場所をとして作ったそうです。 
今までは、狭い玄関なので、立てる場所もなく、斜めに寝かせておいていました。 
こういう工夫はうれしいですね。 
これは、ほんの一例です。 
うちのスタッフたちは、みんな、それぞれがそれぞれのポジションで自発的に考え、工夫してくれています。 
他人事ではなく、自分ごととして捉えてくれているのです。 
それぞれのメンバーが自発的なチームは、お互いのカバーが瞬時にできます。 
いいチームにならないわけがない。
 
 
タオル掛けを使った傘掛け。

 
絵本を読む人・しんちゃん

2020年11月25日水曜日

三重県伊賀市_しろなみ保育所

三重県伊賀市のしろなみ保育所で絵本ライブ。 
この地域の地区住民自治協議会の主催です。 
ただし、コロナの感染予防のため、大きなホールで年長クラスのみを対象とした絵本ライブです。 
どんな形でも、子どもたちに絵本を読める機会をいただけるのは、ありがたいです。 
大きなホールに、20名弱の子どもたちが、間隔を空けて座ります。 
しかし、心と体が一致している子どもたちは、おもしろいものには引きつけられます。
徐々に空間が詰まってきて、ぼくのそばに集まってきます。 
集まるたびに、「次の絵本、見たい子!」「は~い!」「じゃ、座ってみて。
もうちょっと後ろの方が見やすいで」などと言いながら、空間を調整します。 
後半、何人かの子は、うつ伏せに寝転がって、あごを両手で支えながら、見ています。 
このリラックス感、大好き。 
最後の絵本が終わって、「これで、おしまいで~す」と言うと、全員が大きな声で、「え~っ!!!」と大ブーイング。 
これまた、うれしいね。 

 あっ!写真、撮るの、忘れた!
 
 
絵本を読む人・しんちゃん

2020年11月24日火曜日

パンチパーマと坊主頭

以前、奈良県天理市でお世話になった先生から、たくさんの絵本の注文をいただきました。
今日、途中のドライブインで待ち合わせてお届けをしました。 
駐車場に着くと、すぐそばの車が車止めを乗り越え、さらに一段高くなった歩道を乗り越えて立往生。 
高齢のご夫婦が困った様子で、助けを求めてきました。 
困ったときはお互い様。まずは状況を確認しようと、タイヤが空回りしないかどうかをチェックするために、地べたにしゃがみこんでいると、待ち合わせていた先生がそばに立っていました。 
結局、2人で車を押し上げることにしました。 
その先生、パンチパーマなんです。 
パンチパーマと坊主頭のおっさん2人が、車を押している様子は、見ようによっては、乱暴をはたらいているようにも見えます。 
でも、無事、車は救出でき、高齢のご夫婦にとても感謝されました。 
少しの間でしたが、久しぶりに先生とコーヒーを飲みながら、近況を伝えあいました。 
パンチパーマと坊主頭のおっさん2人が、コーヒー片手に、未来に向かう話で盛り上がりました。 

 つくづく、ぼくはこれまで、ステキな人たちと出会ってきたなあと思います。

 
絵本を読む人・しんちゃん

2020年11月23日月曜日

夫婦で一泊二日のセミナーに参加

公私ともにお世話になっている幼稚園の園長先生のお誘いで、夫婦でセミナーに参加。 
先週の土曜日はその初日であり、間を空けて、後半は昨日と今日の2日間、一泊二日です。
今年度のぼくは、人と会うことに、自分の考えでフィルターを通さないように心掛けています。 
身になるかどうかは味わってから。とりあえず、参加をしてみようということです。 
ところが、初日である先週の土曜日は、つくづく、人の話をじっと座って聞くのは、苦手だなあと感じました。 
これが、今回、二日間も続くのかと、やや不安になってはいました。 
しかも、会場は、御在所岳の麓にある朝明キャンプ場の朝明茶屋。この季節は、と~っても寒いと覚悟していました。 
幸い、寒さはそれほどではなく、とりあえずホッとしました。 
終わってみたら、いい時間でした。
 改めて、ぼくら夫婦のよさも知ることができました。 
ぼくら以外に二組の夫婦が参加していましたが、いい感じのご夫婦で、ステキなご縁がつながったと感じました。 
味わってみないとわからないものですね。 
今回、お世話していただいた園長先生、ありがとうございました。
 
御在所岳の麓にある朝明茶屋が会場。

 
紅葉のピークは終わりかけています。

 
さすがに夜は、薪ストーブに火が入りました。

 
絵本を読む人・しんちゃん