これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2019年12月14日土曜日

台風19号災害義援金募金

12月8日にモクモク手づくりファームで行なわれた「第7回ベジコン表彰イベント」において、台風19号災害義援金募金を行ないました。
ぼくは、なかなか現地に行けず、一方で、友人が何度かボランティア活動をしに行っているのを見て、ずっと気になっていました。
何かできることはないかと、ベジコンイベントで募金箱を設置しました。
3,395円の募金が集まりました。
ほがらか絵本畑からも、1万円の募金をさせていただきました。
本日、菰野町社会福祉協議会に設置されている募金箱に入れました。
これで、終わりではないです。
意識を被災地に向けたいと思います。


ベジコン参加者とほがらか絵本畑からの気持ちです。


募金箱に入れま~す!


絵本を読む人・しんちゃん

2019年12月12日木曜日

三重県四日市市_下野中央保育園

講演会が続いています。
三重県四日市市の下野中央保育園で絵本ライブ&講演。
今日は、参観日です。
最初に子どもたちが保護者さんの前で、歌を披露。
残念ながら、自分の子ども以外のときはおしゃべりをしているママさんたちもいました。
しかし、絵本ライブと講演では、おしゃべりはさせません!
笑うか、泣くかで忙しいから、おしゃべりする隙は与えません。
「心に届け!」と念じながら、話しています。
だんだんと、保護者の皆さんの目に力が入っていくのがわかりました。
終わってから握手をしにきてくれたパパさんもおられました。
ありがとう!
みんな、子どもたちとともに生きていこう!
子どもたちの存在が、ぼくたちの人生を豊かにしてくれるのだから。


みんなでメケメケダンス!


ダンスで弾けたあとは、おはなしの世界にどっぷり!


保護者さんへの講演。真剣に聞いてくださいました。ありがとう!


絵本を読む人・しんちゃん

2019年12月11日水曜日

三重県四日市市_塩浜こども園

三重県四日市市の塩浜こども園で絵本ライブ&講演。
去年、子どもたちには絵本を読んでいます。
今回は参観日です。子どもたちが楽しんでいる様子を保護者さんに見ていただき、そのあと、保護者さんに講演。
絵本ライブでは、子どもたちの様子と、その後ろで見守ってくれている保護者さんの様子の両方を見ながら、どの絵本で、どっちに舵を切るかを判断しながら進めていきました。
結果、今日も大盛り上がりでした。
子どもたちの様子を見ていると、クラス単位で、保護者さんが何を大事にしていて、先生が日頃、どういうアプローチをしているのかがよくわかります。
後半の講演会では、そういうことを踏まえてお話しをさせていただきました。
大人が子どもを100%信じれば、大抵の問題は解決しますね。


ノリノリの子どもたち。


こっちに舵を切ろう。


後半は保護者さんへ講演。


絵本を読む人・しんちゃん

2019年12月10日火曜日

三重県伊賀市_あやま保育所

三重県伊賀市のあやま保育所で絵本ライブ。
むか~しから定期的にうかがっているところです。
駐車場に車を停めると、園庭で遊んでいた子どもたちが「しんちゃ~ん!」と駆け寄ってきてくれます。
これだけで、ぼくはもう大満足。ありがたいお仕事です。
今日は3才児クラスと4,5才児クラスが対象。
3才児クラスは、子どもたちの流れにのっかり、体を動かせる絵本で大喜びです。
一見すると体操ごっこですが、ちゃんと絵本を読んでいるのです。
4,5才児クラスは、一体感がハンパでないです。
興奮が最高頂に達したかと思えば、瞬時に絵本に集中します。すごいです。
そして最後は、ある男の子との思い出の絵本を読みました。「メケメケフラフラ~!」
その男の子だけではなく、部屋中が一体となって楽しみました。
もちろん、子どもたちだけではなく、先生方もイキイキとしていました。だから、子どもたちも安心して楽しめるのでしょうね。

ほがらかファミリー音羽で療育事業を始めてから、ぼくの絵本ライブがさらに進化しているのを感じます。
今は、自信をもって子どもたちを弾けさせています。
「自ら楽しむことを知っている子たちは、自律性が備わっている」ということに確信をもっています。

帰り、保育所の門を出ようとすると、子どもたちがテラスから一斉に大きな声で「しんちゃ~ん!ありがとう!」と。
またまた感激です。


3才児。腹筋をしています。


3才児。座って聞くだけが読み聞かせじゃない!


4,5才児。読む側と聞く側が一体になっています。


4,5才児。みんなでメケメケフラフラ!みんながひとつになりました。


絵本を読む人・しんちゃん