これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2021年4月23日金曜日

図面とにらめっこ

図面とにらめっこをしています。 
2つ目の事業所の建物をつくるのに、事務室のコンセントの位置を決めるには、机をどう配置するかなどを決めておかなくてはいけません。 
縮小サイズの机や書棚を紙で作り、図面の上で動かしてシミュレーションします。 
図面だけを見ると、広く感じるのですが、実際にはイスを引いたときのスペースや、棚の前のスペースなども考慮しないといけません。 
すると、思ったように机が入らない。 
無理やり入れると、人が通れない。 
パズルをしているようです。 
無理のないように、シンプルを心掛けて配置してみます。 
ぼくが、こうして具体的に進められるのも、建築会社の施工管理士さんが、スピーディーに対応してくれるおかげです。 
ほんと、心強いです。
 
 
図面の上でシミュレーション。

 
絵本を読む人・しんちゃん

2021年4月22日木曜日

ご近所さんから玉ねぎ/新しい作業療法士さん

ほがらかファミリー音羽のご近居さんから、たくさんの新たまねぎをいただきました。 見るからにおいしそうです。 
スタッフもいただき、保護者さんにも持って帰ってもらっています。 
子どもたちも「たまねぎ!」と言いながら、うれしそうに見ています。 
ほがらかファミリー音羽は、いつも、ご近所さんに見守られています。
 
 
おいしそうな新たまねぎ

  スタッフもうれしそう!

そして、今日はほがらかファミリー音羽に作業療法士さんが来てくれる日です。
4月から、新しい作業療法士さんに来てもらいます。 
子どもたちを見てもらったあとは、スタッフと勉強会。 
スタッフからの質問に、本質の部分から的確に回答してくれる作業療法士さんです。 
ほがらかファミリー音羽では、子どもたちのために、より質の高い療育を、作業療法士さんの力を借りながら目指してます。
 
作業療法士さんを囲んで勉強会。

 
絵本を読む人・しんちゃん

2021年4月21日水曜日

千種小学校のステキな子たち

午後、町内を車で移動していたら、小学校の下校時間と重なりました。 
信号のない横断歩道の手前で、低学年の男の子3人が立ち止まっていました。 
ぼくは、停車し、3人がトコトコと横断してあと、車を発進させようとしたら、3人中、2人がこちらを振り返って、ペコリとお辞儀しました。 
うれしかったですねえ! 
東北に頻繁に行っていたときは、何度か見かけた光景ですが、地元ではなかなか見れませんでした。 
でも、ついに出会いました! しかも、地元の千種小学校の子たちです。 
うれしいことは、共有したいと思い、さっそく小学校に電話しました。 
教頭先生も、とってもうれしそうでした。 
あの子たちのお父さん、お母さんって、きっとステキな人なんだろうな。 
想像すればするほど、うれしくなる出来事でした。
 
 
絵本を読む人・しんちゃん

2021年4月20日火曜日

エールを送りたい

新型コロナの感染拡大に伴い、ぼくらの事業所での対応について、以前からフローチャートは作っていました。 
しかし、コロナの状況も刻々と変化しているので、念のために、新しい情報のもとでシミュレーションしようと思い、いくつかのことを保健所に問い合わせました。 
保健所の職員の方は、忙しいのに、とてもていねいに答えて下さいました。 
電話を切ってから、しばらくして、また確認したいことが出てきたので、申し訳ないと思いながらも、再び電話をしました。 
またまた、ていねいに答えて下さいました。 
電話を切る前に、ぼくはこう言いました。 
「あの~、がんばって下さい!」 
言いながら、何だかグッときて、声が詰まりました。 
職員の方は、一呼吸おいてやさしい声で「はい、ありがとうございます」と答えてくれました。 
ぼくらには、何もお手伝いできないけど、せめて、エールを送りたいと思います。
 
 
絵本を読む人・しんちゃん