これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2020年8月8日土曜日

ユーチューブ動画 vol.21「子どもを知るための観察方法」

ユーチューブ“しんちゃん式”エンジョイ子育て vol.21「子どもを知るための観察方法」をアップ。
子どもの様子を知るためには、先に会場に行っておくこと。
子どもたちが会場に入ってくる様子や、座って待っている状態などを観察することで、子どもたちの状態がよくわかります。
わかった上で対応すると、いい関係が作りやすくなります。

ユーチューブチャンネルは絵本のしんちゃんで検索してください。
以下のリンクからも飛べます。
https://www.youtube.com/watch?v=xdA09QYXaCQ




絵本を読む人・しんちゃん

2020年8月7日金曜日

保育園の先生が来てくれた!

ほがらかファミリー音羽を利用している子が通っている、保育園の先生および相談支援員さんが、様子を見に来てくださいました。
これまで、保育園や小学校に、こちらから出向き、子どもの様子について情報交換することは、定期的に行なっていました。
こちらからうかがうことはあっても、あちらから来てくれることはなかったのですが、今回、初めて来てくださいました。
もう、うれしくて、うれしくて。
とても熱心な先生で、ほがらかのスタッフのアプローチに、「あれ、いいですね!園に戻ったらやってみよう」などと、とても興味を示してくださいました。
「この子のためなら」という雰囲気が前面に出ているステキな先生でした。
みんなで、子どもたちをあったかい目で見守るのが一番ですね。

保育園、小学校の先生方、いつでもいらして下さい。大歓迎です。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年8月6日木曜日

オンライン講演会

来週末に予定されていた子ども子育て・教育研究所(クペリ)主催のイベントが、コロナ拡大のため、オンラインでの開催に変更となりました。
ぼくの講演会は、オンラインで、参加者の方々とおしゃべりしながらのスタイルになります。
8月15日(土)10:00~11:00です。
参加費は500円。
参加申し込み・お問い合わせは、クペリまで。
059-327-7088(クペリ)


絵本を読む人・しんちゃん

2020年8月5日水曜日

中日新聞 絵本コンクール

8月5日の中日新聞朝刊に「菰野町手づくり民話絵本コンクール」のことが紹介されました。
いよいよ応募受付がスタートしました。
締切は8月31日です。
皆さん、ふるってご応募下さい。
応募要項は、以下のHPをご覧ください。

https://www.komono-ehon.jp/


2020年8月5日 中日新聞 朝刊


絵本を読む人・しんちゃん

2020年8月4日火曜日

奈良保育学院 学生さんの感想文

先日、講演をさせていただいた奈良保育学院から、学生さんの感想文が送られてきました。
ひとりひとり、とてもていねいに書いてくれていました。
こんなに手を抜かず、自分の思いを伝えようとしてくれている若者たちの存在に、感動しました。
こんな感想がありました。
「絵本を読む意味を持つことがあった方がよいと常に思っていたけれど、本当は子どもたちが笑顔で喜んでくれるなら、それだけで意味があることなのだとわかりました。」
思わず、そう!そう!と大きな声が出ました。
あるいは、こんな感想も。
「しんちゃんは、今までにないタイプの人で、すごくおもしろかったです。」
人と違うことに価値を置くぼくとしては、とってもうれしいね。
さらには、「初めて、本気で保育士になりたいと思った」というような感想もありました。
ぼくの体験が、少しでも若い人たちの心に響いたのなら、こんなにうれしいことはないです。

さあ、今度会うときは、現場だね!


かわいい表紙をつくってくれていました。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年8月3日月曜日

福王神社_菰野町絵本コンクールお絵かき会

菰野町田口にある福王神社で「菰野町絵本コンクールお絵かき会」
第5回菰野町手づくり民話絵本コンクールのお題となる民話は「福王山の天狗さま」です。
福王山には天狗伝説があり、麓の福王神社にも天狗さまは祀られています。
今日は、その福王神社で、実行委員の語り部に語ってもらい、子どもたちには、印象に残ったシーンの絵を描いてもらい、絵本コンクールお絵かきの部に応募していただきます。
新型コロナ感染予防の対策として、午前と午後の2回に分け、現場でお絵かきをせずに、語り部の話を聞いて、帰ってからじっくりと描く、ということをおすすめしました。
下書きだけでも現場で描きたい人は、短時間で描いていただくようにご協力をお願いしました。
さて、福王神社は、駐車場に車を停めて、あとはなが~い階段を上ります。
神社で待っていると、子どもたちは平気ですが、保護者さんたちは、みんな息が切れていました。
その後の、ナマの語りは迫力がありました。みんな、じっくりと聞いていました。
ぼくらスタッフは、これまで何回も聞いているのですが、ジーンと胸に響きました。やはり実際の現場で聞くのは違います。
語りが終わった頃、なんと天狗さまが登場!
みんな、大喜びです!
福王山の天狗さまは、サービス精神が旺盛です。
参加者の皆さんは、短い時間にも関わらず、たっぷりと楽しんでくださいました。
福王神社にいると、何だか心が浄化されていくような気分になります。
きっと、参加者の皆さんも、そんな感覚を得た方もおられたのではないかと思います。
これは、福王神社の持つ澄んだ雰囲気と、何といっても、田口地区のお世話役の方々がステキだからだと思います。
場とそれを守る人たちが、この雰囲気を醸し出しているのだと思います。

福王神社は、毎月「3」のつく日は、お世話役の方々や宮司さんが出向き、ご祈祷をしてくれます。
是非、ちょっとしたハイキングがてら、行ってみて下さい。


ナマの語りは迫力があります。


天狗さま、登場!


下書きをする人は、密にならないように。


境内で描く人も。


無事、終わりました。ありがとうございました。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年8月1日土曜日

ユーチューブ動画vol.20「おはなしをつくるコツ」

ユーチューブ“しんちゃん式”エンジョイ子育て vol.20「おはなしをつくるコツ」をアップ。
おはなしをつくるコツは、「アフレコ」をすること。
しかも、目の前の出来事で、リアルタイムでやります。
目の前にイメージがあれば、おはなしを乗っけやすくなります。
遊び感覚でできます。

ユーチューブチャンネルは絵本のしんちゃんで検索してください。
以下のリンクからも飛べます。
https://www.youtube.com/watch?v=g_XY--GNNHQ
動画画面下の「字幕」マークをクリックすると、字幕が出ます。




絵本を読む人・しんちゃん