これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2020年1月18日土曜日

三重県伊賀市_成和東小学校

三重県伊賀市の成和東小学校で人権講演会。
約100名の全校生にお話をして、その様子を保護者さんや地域の方々に見ていただきます。
この小学校の中岡校長先生は、まだクラス担任をされていた時からお世話になっている先生です。
「子どものことが大好きなんだな」という雰囲気がプンプンしていました。
校長先生になられた今も、同じ雰囲気が漂っていたので、うれしかったです。

成和東小学校の子どもたちは、約1時間お話だけでたっぷりと楽しんでもらいました。
集中力が途切れず、メリハリをもって楽しめる子たちでした。
子どもたちのすぐ後ろで聞いてくださっている保護者さんや地域の方々も、とってもノリがいいので、全体で楽しい雰囲気ができました。

始まる前に、会場の設営など、地域の方々が手伝ってくださっていましたが、皆さん、動きがはやい!
学校と地域との信頼関係、協力関係が、子どもたちに大きな安心感を与えているのだと思います。

講演終了後、校内の廊下で子どもたちに会うと、「しんちゃん!」と寄ってきてくれて、ぼくの坊主頭を撫でてくれます。
うれしい!


全校生、約100人の子どもたちです。


保護者さん、地域の方々もノリがいいです。


子どもも大人も一体となって楽しみました。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月17日金曜日

しんちゃんぎつね

しんちゃんぎつねです。スタッフが作ってくれました。
1月19日(日)の13:00に、けやきホールに来ていただけると、この姿がナマで見れます。
なぜ、しっぽと耳があるのか、その理由もわかります。
気になる人は、是非、お越しください。


しんちゃんぎつね。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月16日木曜日

「しんちゃんの絵本ライブ」のご案内

絵本コンクールの関連イベントとして「しんちゃんの絵本ライブ」を行ないます。
誰でも参加できます。今回は、しんちゃんがおどります!是非、お越しください。


「しんちゃんの絵本ライブ」
・日時:2020年1月19日(日)13:00~14:00
・会場:菰野町保健福祉センターけやき2F けやきホール
・入場無料
・予約不要




絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月15日水曜日

奈良県天理市_山の辺幼稚園

奈良県天理市の山の辺幼稚園で絵本ライブ&講演。
去年も呼んでいただいた幼稚園です。
好評につき、今年もお声がけをいただきました。
たっぷりと子ども子どもたちに笑ってもらって、じっくりと保護者さんにお話をさせていただいて、じんわりと感じていただきました。
講演終了後、絵本の即売コーナーを設けさせていただきました。
講演の最後に読んだ絵本を、多くの保護者さんが「私自身のために」と言って、買って行って下さいました。
母親としてちょっと胸が痛くなるシーンもあると思うのですが、「自分自身のために」という思いが、とってもうれしかったです。


みんなでおねがい。


ガブリつき。


おまじないかな?


じっくりと聞いてくださっている保護者さん。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月14日火曜日

三重県四日市市_くす北保育園

三重県四日市市のくす北保育園で絵本ライブ。
くす北保育園は、3才児クラスまでの保育園です。
0,1,2才児と3才児の2回に分けて絵本ライブをしました。都合のつく保護者さんも来てくださいました。
親子でたっぷりと楽しい時間を過ごしてもらいました。
始まる前、「せっかくやから前に行こ」と子どもさんと一緒に、自ら最前列に来てくださるママさんがおられました。
他にも、子どもたちと一緒に絵本ライブを楽しんでいるママさんたちが大勢おられました。
大人が楽しむと子どもも安心するんですよね。
ステキな親子の姿を見せていただきました。


みんなでぴょーん!


みんなで腹筋!


みんなで体操!


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月13日月曜日

家城ちゃんが来てくれた!

モクモク手づくりファームの家城ちゃんが、遊びに来てくれました。
モクモク手づくりファームでは、ベジコンの表彰イベントをさせていただいたり、ぼくの絵本ライブを開催していただいたりして、とてもお世話になっており、その要所要所で家城ちゃんが助けてくれていました。
ぼくらは、家城ちゃんが大好きです。

今日は、まず「ほがらか農園」に行きました。
家城ちゃんは、モクモク手づくりファームで、実際に野菜を作っているプロです。土や雑草のことなど、いろんなことを教えていただきました。
「ほがらか農園」は、なんちゃって農園ですから、教えていただいたことをすべて実践するのは難しいですが、話を聞いているだけでも楽しかったです。
続いて、「ほがらかファミリー音羽」に行きました。
今日は、祝日なので、ほがらかファミリー音羽はお休み。子どもたちはいませんが、子どもたちをイメージしながら、子どもたちの成長ぶりについて話しました。
さらに「ほがらかカンパニー」へ。事務所がまだなかった頃のことを思い出して、その話をすると、「その頃からのひとつひとつの積み重ねで、ここがあるんですね」と言ってくれました。
それから、お昼を食べて、うちに来てもらって、夕方までいろんな話をしました。
あ~、たのしかった!


「ほがらか農園」にやってきました。


土のことや雑草のことを、いろいろ教えていただきました。


「ほがらかファミリー音羽」で仲良くトランポリン。


子どもたちのことについて、話をしました。


「ほがらかカンパニー」で「エイ!エイ!オー!」


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月11日土曜日

久しぶりの療育

久しぶりに、ほがらかファミリー音羽の療育に入りました。
今日はみんなで音羽公園までお散歩。
ぼくが担当する子はインドア派なので、お散歩は嫌がります。
スタッフが担当すると、最初は嫌がっても、結局、お散歩に行きます。
ぼくに対しては、おそらく「こいつならいけそうだ」と感じるのか、たくみに部屋に入るように誘います。
結局、部屋で療育をしました。この子の知恵にやられました。
でも、2人っきりで部屋で遊んでいる時間は、ぼくにとってはしあわせ感いっぱいでした。

午後、玄関を開けて事務室に入ってきた子が、元気よく「しんちゃん!」と呼びかけてくれます。
これだけで、しあわせ感を感じます。

いろんな仕事を抱えているぼくにとっては、束の間の憩いの時間でした。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月10日金曜日

三重県菰野町_菰野幼稚園/鈴鹿市_玉垣幼稚園

午前中、三重県菰野町の菰野幼稚園で絵本ライブ。
3才児と4,5才児の2回に分けての絵本ライブです。
絵本ライブでは、絵本を読んでる最中に、子どもたちにどんどん話しかけます。
それに対する返答に、おもしろおかしく反応していると、何を言っても安心という空気感できます。
そんな中で、今日は、ぼくが絵本を読んでる最中に「ちょっと前に戻ってくれる?」と言う子がいました。
その子の言う通り、前のページに戻ったら、思わぬ発見をその子がしていました。
こうやって、ぼくの絵本ライブは、いっぱい脱線します。
脱線した方がおもしろいんです。


子どもたちの反応がおもしろいですね。


めっちゃいい顔で笑ってくれてる。


2人にメケメケフラフラを踊ってもらいましょう!

午後、三重県鈴鹿市の玉垣幼稚園で絵本ライブ。
毎年、呼んでいただいている幼稚園です。
こっちでも、子どもたちにどんどん話しかけて、いろんな反応を引き出します。
『それはひ・み・つ』という絵本を読んだあと、ひとりひとりの秘密を聞きました。
とってもうれしい秘密を打ち明けてくれた子もいます。
ぼくの耳元で、こうささやいてくれました。
「あのね、会いたかったの」
もうメロメロです。


あっちみて!


さかさのぞいて!


すってんころりん!


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月9日木曜日

三重県四日市市_放課後等デイサービス連絡会

朝から、四日市で「放課後等デイサービス」の連絡会に参加。
ほがらかファミリー音羽があるのは、四日市の隣の菰野町ですが、お声をかけていただいています。
連絡会、毎回、講師を招いての研修をしてくれます。その後、諸々の市からの情報等について共有します。
ぼくは、わからないことがいっぱいあるので、毎回、質問しています。
この機会は、とってもありがたいです。感謝です。


午後からは、名古屋の出版取次の会社で打合せ。
初対面の方々ばかりだったのですが、新しいことに取り組むためには、新しい人にどんどん会います。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月8日水曜日

教えていただきました。

今年は、ほがらかカンパニーも、ほがらかファミリー音羽も、次のステップに向かって動き出そうと思っています。
動き出したいけど、手がかりが見つからないときもあります。
そういうときは、知っていそうな人に連絡をします。
ということで、町役場に行って、あちこちの部署でいろいろ教えていただきました。
皆さん、とてもていねいに対応してくださいました。
可能性が大きく見えてきました。ありがたいです。
町役場だけではわからないこともあるので、即、県庁に連絡。
別の部署の管轄になる場合は、別の部署に連絡。
区長さんにも連絡。
議員さんにも連絡。

皆さんのおかげで、大きく前進できそうです。

ありがとうございます!


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月7日火曜日

座右の銘

年賀状に、その人の座右の銘が書かれていることがあります。
ぼくにも座右の銘があるのですが、理由を説明しないと誤解を招く恐れがあるので、年賀状に書くのは、毎年、却下されています。

ぼくの座右の銘は、「一寸先は闇」
割と若い頃から、この言葉が指針になっています。

一寸先は何が起こるかわからない、と考えた方が、突然の変化に少しでもうろたえる割合が減るかな、と思っています。
闇の中でも歩いて行かないといけないので、そのためには、ほんの少しでも光が必要です。
光は希望です。
その光は、どこから出ているかと言うと、自分からです。

「自ら未来に希望を持って、闇を照らしながら歩いていく」というイメージです。

いつになく、いいこと言ってる?


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月6日月曜日

ほがらかカンパニーの仕事始め

今日は、ほがらかカンパニーの仕事始め。
朝、ミーティングをして、伊賀市に絵本のお届けに行こうと思っていたら、10年以上前にお世話になった80才台のご夫婦から電話がありました。
「今、菰野の温泉に来とんねん。しんちゃんのところ、近くちゃうかなと思って」と。
急遽、予定変更して、湯の山温泉の宿泊先にまっしぐら。
「しんちゃんの事務所、ちょこっとだけ見てみたいわ」と言う元・村長のご主人を車に乗せて、事務所と療育事業所をご案内しました。
覚えていてくださって、こうやって連絡をいただけるなんて、ほんとにありがたいです。

午後から、伊賀市に絵本のお届け。
お届け先の保育園の駐車場に着くと、ひとりの子がぼくを発見して「しんちゃんや!」と叫ぶと、園庭で遊んでいた子どもたちが一斉に駆け寄ってきて、塀越しにみんなが大きな声で「あけましておめでとう! ことしもよろしくおねがいします!」

ステキな仕事始めになりました。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月4日土曜日

ほがらかファミリー音羽は仕事始め

今日はほがらかファミリー音羽の仕事始め。
さっそく、来てくれた子どもたちの姿に、かわいくて目を細めたり、大笑いしたり。
どの子も、それぞれの持ち味を出し、存在感たっぷりで、ほがらかファミリー音羽の自慢の子たちです。
今年も、「めっちゃ楽しい!」毎日を積み重ねようね!


どの子も、自慢の子たちです。


絵本を読む人・しんちゃん



2020年1月3日金曜日

なんちゃってもちつき

今日はもちつき!
といっても、家の中でできる、なんちゃってもちつきです。
小さな臼で、炊飯器で炊いた2合のもち米を棒でトントンとついて、ハイ、できあがり!
けっこう楽しめます。
あんこと雑煮で食べました。かなりおいしい!


こんな感じのなんちゃってもちつき。


長女がつきます!


長男がつきます!


三男がつきます!犬が見ます。


あんこで食べます!


雑煮で食べます!


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月2日木曜日

ヒッチハイクの学生さん

明石の実家に日帰り帰省。
明石には、ぼくの母親がひとりで暮らしています。
盆と正月に、おやじの墓参りがてら、家族で帰省するのをとっても楽しみにしています。
今朝はやくに家を出て、途中、京都のSAでトイレに行ったら、広島までヒッチハイクをしている若者がいました。
いろんな人にていねいに声をかけているのですが、誰も乗せてはくれないようです。
正月なので、家族連れが多いから、座席に余裕がないのでしょう。
うちは、ちょうど座席が空いていたので、「途中まで乗っていくか?」と声をかけたら、とってもうれしそうにしていました。
滋賀県の大学2年生のカズキくんです。観光を勉強していて、もっといろんなところに行ったり、いろんな人に触れてみようと思って、友だちがいる広島までヒッチハイクをしようと思ったみたい。
車中で彼は、「一時はどうなるかと思いました。いっぱい声をかけても誰も乗せてくれなくて。そちらから声をかけてもらったのは初めてです。ほんとにうれしかったです」と言っていました。
兵庫県までの短い間だったけど、喜んでもらえてよかった。
うまく広島までたどりつけたか、あるいはまだ兵庫県にいるか。どっちにしてもいい体験になると思う。がんばれ!

実家に戻ると、母親はぼくの子どもたちに「おばあちゃん、もう来年は会えんかもしれん」と言います。
そう言いながら、何十年になるか(笑)。
もう87才だから、いつかは逝くのだろうけど、まだしばらくは、元気でいてもらいたいね。


兵庫県までヒッチハイクのカズキくんと一緒でした。


この天文台のすぐ下のお寺におやじは眠っています。


絵本を読む人・しんちゃん

2020年1月1日水曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
昨夜から、息子の高校時代の友人たちが6人ほどうちに泊まりに来て、うちのリビングは終始、ワチャワチャしていました。
朝、起きると、リビングのあちこちにむさ苦しい若者たちがゴロゴロと転がっていました。
相変わらず、落ち着きのない三浦家の一年のはじまりです。

今年も、よろしくお願いします。


絵本を読む人・しんちゃん