これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2021年9月28日火曜日

栗拾い名人

ほがらかファミリー音羽の子どもたちは栗拾いをしました。 
隣のお寺の裏庭に栗の木があって、住職さんにお願いをして、毎年、栗拾いをさせていただいています。 
小学校2,3年生の子たちは、上手に足を使ってイガから中身を取り出します。 
毎年やらせてもらっていると、上手になってきますね。経験の力です。 
こういう点数にならない力こそが、大事なように思います。 

そう言えば、息子たちが中学生のとき、担任の先生が息子のことをこう評してくれました。
「とてもよくやってくれているのですが、残念ながら…そのことに対する…評価基準が…ないんです~」 
最高の褒め言葉です!
 
 
たくさんの栗が落ちています。 

  足でギュッと身を取り出します。

 
絵本を読む人・しんちゃん

2021年9月27日月曜日

運動会あそび

午前中、いなべ市の保育園に絵本のお届け。 
行く先々で、先生方といろんな話をします。 
いなべ市は、感染症予防のため、今年の運動会はなしで、「運動会あそび」と称して、保護者さんの参観は遠慮してもらって、子どもたちが普段の遊びの延長として運動会のような感じでするみたいです。 
保護者さんにとっては、残念と感じる人もいるかもしれないけど、子どもたちにとっては、本来の保育園の姿に戻れたような気もします。 
コロナによって、いろんなことが変化せざるを得ないですが、今までのことを見直すいい機会でもあると思います。 
何が正解かわからないからこそ、もう一度、その意味を考える。大事なことですね。
 
 
絵本を読む人・しんちゃん

2021年9月26日日曜日

ユーチューブ動画vol.56「コロナ禍の絵本ライブで得たこと」

ユーチューブ動画vol.56「コロナ禍の絵本ライブで得たこと」をアップしました。 
従来の絵本ライブで大事にしていた環境は、いかに密の状態を作るかということ。 
コロナ禍では、真逆のいかに密を避けるかという状況に変化しました。
そんな状況に対応しつつ絵本ライブをしていると、新しい発見があり、ぼく自身の幅がとても広がりました。 
変化を恐れず対応していけば、新たな道が見えてくると思います。 https://www.youtube.com/watch?v=XPTxd-6Qx0U
 

 
絵本を読む人・しんちゃん

2021年9月25日土曜日

きこりのしんちゃん

今日はきこりのしんちゃんです。 
ほがらか農園の隣の雑木林の木々が生い茂って、畑に陽が射さないようになってきました。 
子どもたちが、毎年、楽しみにしている桑の実も、茂り過ぎて、実のつき方が悪くなってきました。 
そこで、きこりのしんちゃんの出番です。 
脚立に登って、ノコギリで切っていきます。 
ところが、ノコギリではけっこう大変。 
おまけに、桑の木は水分が多くて、すぐにノコギリがベトベトになってしまいます。 
さらに、切った太い枝で指を挟みそうになったりして、けっこう危ない。 
上の方は、もっと高い脚立がいるので、今日はこれでおしまい。 
切り落とした木を処分するのも大変そう。まずは乾くまで待とう。
 
 
ちっちゃいノコギリでがんばりました。

 
絵本を読む人・しんちゃん