これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2021年12月1日水曜日

三重県名張市_こども支援センターかがやき

三重県名張市のこども支援センターかがやき主催の会で絵本ライブ。 
毎年のように呼んでいただいているところです。 
未就園児親子が集まって、絵本を楽しんでもらいます。 
今回は、0才から3才までの子がママと一緒に来てくれました。 
ママたちのあったか~い空気に包まれて、子どもたちは安心して楽しんでくれました。 
最初は、ぼくと距離を置いていた子たちも、後半はグイグイと近寄ってきてくれます。 
中には、最初から人見知りせず、ハイハイしてぼくに近づいてくれる子もいました。 
ママが連れ戻しても、何度も何度も、ハイハイして近づいてきます。 
ぼくから何か出てるんでしょうか(笑)。 
あまりにも、何度も来てくれるので、抱っこして、二人で絵本を読みました。 
楽しかった~!
 
 
ママたちもノリノリです。 

  ママと一緒で安心して楽しんでくれます。 

  2人で読もう! 

  どんどん近づいてくるよ。

 
絵本のしんちゃん

2021年11月30日火曜日

静岡へ

嫁さんと静岡まで行ってきました。 
嫁さんのお母さんが施設に入っていて、ずっと会っていないので、このタイミングで会っておこうと、行ってきました。 
感染症対策のため、面会時間は15分でしたが、十分でした。 
会えてよかった。 嫁さんにとっても、ぼくにとっても。
ぼくにとっては、お義父さん、お義母さんがいなければ、嫁さんと出会うこともなかったわけですから、大感謝です。
 
 
絵本のしんちゃん

2021年11月29日月曜日

花壇にお花!

花壇にお花! 
ほがらかファミリー音羽とほがらかファミリー菰野の花壇に植えるお花はどんなのがいいか、お花の好きな仲間のせっちゃんにお任せして、選んでもらいました。 
今日、せっちゃんとせっちゃんママが、植えに来てくれました。 
おかげさまで、きれいな花壇になりました。 
やっぱり、お花があるっていいね。 
せっちゃん、せっちゃんママ、ありがとうございました!
こうやって、いろんな人が、いろんな形で、ぼくらの事業に関わってくれています。ありがたいです。
 
 
ほがらかファミリー音羽の花壇です。 

  ほがらかファミリー菰野の花壇はこんな感じ。

絵本のしんちゃん

2021年11月28日日曜日

三重県いなべ市_員弁コミュニティプラザ

三重県いなべ市の員弁コミュニティプラザで講演。 
いなべ市子ども会連合会といなべ市青少年育成市民会議の共催の講演会です。 
この講演会は、事前予約をとらない形式なので、当日までどんな人が来てくれるかわかりません。 
一番乗りをしてくれたのは、ほがらかファミリー音羽で学生時代にアルバイトをしてくれていた彼です。うれしい! 
古くからの知り合いも来てくれました。うれしい! 
ほがらかファミリー音羽の保護者さんも来てくれました。うれしい! 
ほがらかファミリー音羽のスタッフも来てくれました。うれしい! 
昔、お世話になった園長先生も来てくれました。うれしい! 
初めてお目にかかる方も、来てくれました。うれしい! 
あとで知ったのですが、鈴鹿から来られた保育士さんもおられたとか。ありがたいです。 

演題は、「子どもから学ぶ しあわせの見つけ方」ですが、この範囲内で、参加される方々の雰囲気を見て、話す内容を決めようと考えていました。 
結果、子育てに関する話ですが、子どもたちを鏡として、大人自身がどう生きるのか、という話をさせていただきました。 
最後に読んだ絵本は、10年以上、読んでいなかった絵本です。
なぜか、読みたくなりました。
ぼくの話を聴いて、少しでも、楽しく生きれそうな予感を感じていただけたらうれしいです。 

講演会終了後、役員の方々と一緒にお昼を食べに行きました。 
おそらく、ぼくよりも年上の方々ばかりだと思いますが、皆さん、とってもフランクです。
おまけに、仲がいい。 
こういう大人の人たちが地域にいること自体が、ステキな子育て環境ですね。
 
 
ほがらかファミリー音羽の保護者さんやスタッフも来てくれました。 

  大人自身がどう生きるのか、という話 。

  普段はあまり読まない絵本も、なぜか今回は読みました。

 
絵本のしんちゃん