これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2024年5月22日水曜日

ステキなほがらかママ

ほがらかファミリーでは、時々、カフェのキッチンでほがらかキッズたちが調理をします。 
子どもたちが作りたいものを作ります。 
あるほがらかキッズは、作ったものを皿に入れて、ぼくのところに持ってきてくれるのですが、すぐにはくれません。 
しばらくぼくが追いかけて、ようやくくれます。 
「おいしい!」と言うと、とても満足そう。 

ママがおうちでのその子とのやりとりを教えてくれました。 
その子が、「しんちゃんは、ぼくが作ったやつを食べたいんやで」と言うと、ママはこう答えたそうです。 

「おいしいかどうかわからないのに食べたがってくれるのは、あなたを信頼してるからやな。」 

なんて、ステキな一言! 
ママの視点に感激しました。
 
何を作ってくれるのかな。 

  スタッフが見守っています。

 
絵本のしんちゃん

2024年5月20日月曜日

今日のほがらかキッズたち

今日のほがらかキッズたち。 
なぜか、掃除が流行りました。 
楽しそうに掃除をしてくれていました。 
彼らを見ていると、掃除って楽しい!と思えます。 
ただ、明日もしてくれるとは限りません(笑)。
 
玄関先をゴシゴシ、ゴシゴシ。 

  テラスをゴシゴシ、ゴシゴシ。 

  窓もゴシゴシ、ゴシゴシ。

 
絵本のしんちゃん

2024年5月19日日曜日

「みんながつくる学び場」イベント第2弾

今日は「みんながつくる学び場」イベント第2弾でした。 
会場はかもしかビレッジ。 
来年、「夜間中学校」&「学びの多様化学校」が三重県で開校されます。 名称は「県立みえ四葉ケ咲中学校」。 
今日は、三重県教育委員会の担当者である前田亜弓さんに来ていただき、「県立みえ四葉ケ咲中学校」の説明とともに、みんなで学校についてのディスカッションをしながら、みんなで学校を考え、子どもたちのことを考え、未来を考える場です。 

まずは、ぼくの絵本ライブ。 
子どもたちから学生さん、大人の方まで、年齢層はバラバラな中、みんなと掛け合いしながら大盛り上がりの楽しい時間となりました。 
ぼくの絵本ライブでの、双方向のコミュニケーションは、今の学校の授業との比較材料になるかもわかりません。 
絵本ライブ終了後、前田さんのリードで、どんな学校があったらいいかなどについて楽しくディスカッション。 
自発的な人たちが集まっているから、前向きな意見がどんどん出ます。 
子どもたちからもいろんな意見が出てきます。学生さんの生の声もありました。 

受け身でいるよりも、自発的な方が絶対に楽しい。 
大きな仕組みはなかなか変えられないけど、身の回りのことからなら変えていける。 
一番、変えられるのは自分自身。 
みんなが当事者になれば、社会が変わる。 
今日はそのための日です。 
雨の中、来てくださった皆さん、ありがとうございました。
あ~、たのしかった!



 
絵本のしんちゃん

2024年5月18日土曜日

ご案内(かもしかビレッジで絵本ライブ)

明日(5月19日)です! 
10:30からかもしかビレッジで絵本ライブ! 
みんな、来てね!!!
 

 
絵本のしんちゃん