これ以前は、「しんちゃんの舞台裏日記」をご覧ください。

2022年8月15日月曜日

終戦記念日_父母に感謝。

今年90歳になる母に会いに、明石に行ってきました。 
母は、時々、孫のことを忘れて、「それ、誰や」と言ったりしますが、今日は一緒に行った子どもたちのことを覚えていたようです。 
母を連れて、11年前に亡くなった父のお墓参りに行きました。 
ひとりで出かけるのが難しくなった母にとっては、久しぶりのお墓参りで、とても喜んでくれました。 
ちなみに、今日は終戦記念日。 
父は15歳で終戦を迎えました。予科練に入ってしばらくしたら終戦になったので、命拾いをしました。 
母は12歳で終戦を迎えました。家に帰る途中、敵機が飛んでくると、たばこ畑の葉っぱに隠れながら家に帰り、命拾いをしました。 
2人がいなければ、ぼくはいません。ぼくの子どもたちもいません。 
感謝に尽きます。
 
ぼくをこの世に送り出してくれた人です。

 
絵本のしんちゃん

2022年8月14日日曜日

休みの日こそ、お仕事。

今日はひとり、事務所でお仕事。 
やることは山のようにありますが、休み明けにある大事なお仕事の準備のみに時間を割きます。 
休みの日だからこそ、できるお仕事です。

 
 
絵本のしんちゃん

2022年8月13日土曜日

三浦家、全員集合!

夕方、家族がサプライズで、4月のぼくの誕生日祝いと還暦祝いを、ほがらかカフェでしてくれました。 
家族全員が集まれるのは、今日だけなので。家族7人と犬です。 
と言っても、寸前でサプライズはばれましたが。 
嫁さんと子どもたちが、お金を出し合って、おいしい、華やかな仕出しをとってくれました。
 シャンパンも開けました。 
おいしいお肉も焼きました。 
海鮮も焼きました。 
ケーキも食べました。 
花火もしました。 
ぼくが守っていたと思っていた家族に、いつの間にか守られていました。 
感謝、感謝、感謝です。 
ちなみに、ほがらかカフェは会社の施設なので、家族とはいえ、公私混同はしないのがぼくの考え。 
そこは、ちゃんと事前にスタッフの了解を得ていたようです。 
このことが、さらにうれしさを倍増させました。

おいしい料理がいっぱい。

  老犬・銀さんもベッドごと連れてきました。

  外で、お肉や海鮮を焼きました。

  日が暮れたら花火大会。犬も一緒。

絵本のしんちゃん

2022年8月12日金曜日

お盆の時期の保育園

伊賀市、名張市の保育園に絵本のお届け。 
一昔前は、お盆の時期でも関係なく、保育園は通常と変わらず子どもたちでいっぱいでした。
そんな様子を見るたびに、「お盆のときくらい、家族でお墓まいりに行く時間をとれないものかな」と思っていました。 
最近は、お盆の時期は、通常の日と比べると、明らかに保育園に来ている子が少ないです。 
働き方が変わってきていますね。いいこと、いいこと。

 
 
絵本のしんちゃん

2022年8月11日木曜日

朝明渓魚苑

今日から、ほがらかグループは夏休み。
日頃、がんばってくれているスタッフたちには、ゆっくりとしてもらいます。 
ぼくは、工事の人が来たり、事務仕事があったりするので、午前中はお仕事。 
午後からは、地元の朝明渓谷にある「渓魚苑」で、川遊びをしている家族に合流。 
釣り堀でイワナを釣り、焼いて、食べます。おいしい! 
川からの風が涼しい~。 
渓魚苑は、お父さんから息子さんに引き継がれています。 
お父さんにはお世話になりました。 
2代目となる息子さんは、ぼくの息子たちの友達でもあります。 
みんな、渓魚苑に行ってリフレッシュしよう。 
渓魚苑の情報はこちら。 
 
朝明渓谷です。

   釣り堀でイワナが釣れるよ。

   焼きま~す!

   食べま~す!

  あ~、楽しい!

 
絵本のしんちゃん

2022年8月10日水曜日

津々木昭子さんに会いに

早朝、名古屋市中川区倫理法人会にうかがい、津々木昭子 名誉法人アドバイザーのご講話を聴かせていただきました。 
2ヶ月前に、伊賀市倫理法人会のモーニングセミナーで、津々木昭子さんと出会い、是非とも、桑名市倫理法人会のメンバーにも知ってもらいたくて、今日は、ぼくを含めて、4名でうかがいました。 
やっぱり、とってもステキです。 
倫理の学びを続けていれば、こんなステキになれるんだと、津々木さんの人となりを見てそう思います。 
桑名のメンバーも、みんな、感激していました。 
最初に出会いのきっかけをつくっていただいた、伊賀市倫理法人会の皆さんに、改めて感謝です。

 
 
絵本のしんちゃん

2022年8月9日火曜日

つなぎ役

いなべ市の各保育園をまわって、ほがらか便りをお届けしました。 
いなべからも、たくさんの子どもたちが、ほがらかファミリーに通ってくれているので、その様子を知ってもらいたくて、毎月、お届けしています。 
ほがらかファミリーに通ってきてくれている子たちは、現役の保育園児もいれば、小学生の子もいます。 
現役の保育園児の子たちは、先生方に、ほがらかではこんな感じで遊んでいるよ、ということをお伝えします。 
先生方も、保育園での様子を教えてくださいます。 
みんなで子どもたちを見守っているという感じです。 
一方、小学生になると、保育園には情報が届きづらくなるのですが、そこを、ぼくらが埋められると思っています。 
今日も、小学生の子たちの様子をお伝えして、とても喜んでいただきました。 
ぼくたちほがらかファミリーは、いろんなところとのつなぎ役も担っていければと思っています。

 
 
絵本のしんちゃん

2022年8月8日月曜日

『職場の教養』

倫理法人会に入会すると、会員特典のひとつとして『職場の教養』という冊子が送られてきます。 
『職場の教養』は、社会人としての行動指針や職場の人間関係、仕事のコツ、失敗への対処法、心の持ち方、時事の話題など幅広い内容を「一日一話」の読み物として掲載しているものです。 
本来は、朝礼の際に活用する冊子ですが、ぼくの会社では、毎月、給料明細を渡す際に、ひとりに1冊ずつ渡しています。 
たまに、渡し忘れるときがあります。 
今月がまさにそれでした。 
すると、スタッフから「しんちゃん、今月はないんですか?」という声が。 
これは、うれしい! 
来月から、渡し忘れないようにします。

倫理法人会に興味がある方はご連絡ください。ご説明にうかがいます。
 

絵本のしんちゃん

2022年8月7日日曜日

第7回菰野町手づくり民話絵本コンクール写生大会_井手神社

第7回菰野町手づくり民話絵本コンクールの写生大会。 
今回、お題となっているのは、菰野町永井地区にある井手神社に伝わる「片葉の葦」にまつわる民話。 
井手神社には、実際に片側にしか葉がない葦があります。 
井手神社で片葉の葦の民話を実際に聞いて、そのお話から印象に残るシーンを境内で描きます。 
描いた絵は、絵本コンクールに応募していただきます。 
片葉の葦は、神社横に植わっているので、実物を見に行きました。
ひとり人1本ずつ伐って、持ち帰らせていただきました。 
民話の中には、雁という鳥が出てきますが、3種類の鳥の写真を並べて、どれが雁かというクイズもしました。 
また、井手神社にある大きな大きな太鼓も、神社のお世話役の方々が出してくださり、実際に叩かせてもらいました。 
そして、境内で親子仲良く、絵を描いている風景を見ながら、実行委員の間では、「家族のこういう時間って大事だよね」という話をしました。 
まさに、絵本コンクールの趣旨は、「家族愛」と「郷土愛」をさらに深めてもらいたい、ということ。 
ぼくたち実行委員は、参加していただいた方々の家族愛を十分に感じさせていただきました。 
そして、永井地区の区長様、神社総代長様、神社のお世話役の皆様、本当にお世話になりました。

 ただいま絶賛受付中!

知る人ぞ知る、永井地区の井手神社。

  立派な拝殿があります。

  片葉の葦のおはなしをします。

  雁はどれでしょう?

  実際に片葉の葦を見に行きます。

  大きな太鼓も叩かせてもらえたね。

  親子で描くよ。

  ママも描いてるよ。

  家族全員で参加。

  片葉の葦を実際に見ながら描くよ。

 
絵本のしんちゃん

2022年8月6日土曜日

倫理三昧

今日は朝から夜まで倫理三昧でした。 
朝3:30に起きて、桑名市倫理法人会モーニングセミナー。 
午前中、隙間時間で仕事をしてから津市へ移動。 
三重県倫理法人会の8月にある大事なイベントの準備委員会会議。 
続いて、役職者基礎研修。 
9月よりお役を受けさせていただくぼくは、真剣に聞きました。
学べるよろこびを感じました。

 
 
絵本のしんちゃん

2022年8月4日木曜日

プール?温泉?

ほがらかファミリー菰野の運動場の隅に、不思議なものができました。 
プール? 温泉? 
実は、雨水を一時的に貯めるための池です。 
元々、水はけの悪い土地で、改良工事をしていただいて、随分よくなったのですが、それでも一部に水がたまります。 
衛生上もよくないので、三恭工業の村山さんに相談して、池をつくってもらいました。
どうしても貯まるのなら、いっそ集めて貯めてしまおう、という発想です。 
この池が、今後、生き物の棲み処になるのか、子どもたちの遊び場になるのか、どういう形に発展していくのか、楽しみですねえ。
 
この池が、どういう形になっていくのでしょうか。

 
絵本のしんちゃん

2022年8月3日水曜日

三重県菰野町_千種地区子育てサロン「あいアイ」

三重県菰野町の千種地区子育てサロン・あいアイで絵本ライブ。 
千種地区は、地元中の地元でもあり、毎年、年度末に絵本を読みにうかがっていますが、今年度は、菰野町社会福祉協議の協力もあって、今回、さらにもう1回、うかがうことができました。 
子どもたちが笑うと、ぼくも笑います。 
子どもたちが喜ぶと、ぼくも喜びます。 
子どもたちがうれしいと、ぼくもうれしい。 
そんな様子を見て、ママさんたちがうれしくなってくれると、ぼくはしあわせ。
 
子どもたちが喜ぶと、ぼくも喜ぶ。

  子どもたちがうれしいと、ぼくもうれしい。

  ママさんたちがうれしくなってくると、ぼくはしあわせ。

 
絵本のしんちゃん

2022年8月2日火曜日

大きな木を運ぼう

数カ月に、畑で伐り倒した大きな木を、三恭工業の皆さんが運んでくださいました。 
男5人がかりで抱えないと運べないような大きな木です。 
その木を、ほがらかファミリー菰野の運動場に運びました。 
そのまんま置いているだけですが、きっと子どもたちはいろんな遊びをしてくれるでしょう。 
と思っていたら、早くもスタッフたちが、木の上を渡って遊んでいました。 
自分たちだけでは、どうにもできなかったことが、三恭工業の皆さんのおかげで、どうにかなり、新たな展開に発展していきました。
いつもながら、感謝、感謝、感謝です。

 
男、5人がかりで運びました。

  トラックに載せます。

  はやくもスタッフたちが遊んでいます。

 
絵本のしんちゃん

2022年8月1日月曜日

世界のコーヒー

鍼灸師の長男・ガクは、世界中を旅するクルーズ船に乗って、お客さんの体のメンテをする仕事をしていました。 
主に、カリブ海を中心にあちこちの国に立ち寄り、後半はアラスカの方にも行って、数十ヵ国を巡ったようです。 
先日、半年ぶりに帰国しました。 
ほがらかファミリーにもお土産を持ってきてくれました。 世界各国のコーヒーです。 
ほがらかカフェに来て、飲み比べてみてください。 セルフで淹れてね。

それぞれ風味も味も違う各国のコーヒーです。

 
絵本のしんちゃん

2022年7月31日日曜日

京都から井上歳二さん

少林寺拳法・城陽市スポーツ少年団副本部長の井上歳二さんが、京都から訪ねてきてくださいました。 
井上さんは、ぼくが、5,6年前から少林寺拳法で推進している絵本プロジェクトに、当初から興味を持っていただき、今ではあちこちで絵本ライブを行なうくらいの熱の入れようです。 
今日は、ほがらかカフェで、絵本や子どもに関することなど、いろんな話をすることができました。 
また、井上さんは、花園大学と協同し、「京都絵本フェスティバル in 花園大学2022」の開催準備に奔走されています。 
9月10日(土)です。お近くの方は是非、お立ち寄りください。 
金剛禅総本山少林寺も後援しております。
 
わざわざ京都から来てくださいました。

 

 
絵本のしんちゃん

2022年7月30日土曜日

社内合同研修

土曜日の午後は、ほがらかグループの社内合同研修。 
今日は久遠チョコレートから送っていただいたDVDをみんなで見ました。 
その後、昨日、日帰りでうかがった久遠チョコレート直方店の川口社長との話の報告会をしました。 
未来と今を、みんなで少しずつ紡いでいきます。
 
みんなで久遠チョコレートのDVDを見ます。

 
絵本のしんちゃん

2022年7月29日金曜日

福岡県直方市_久遠チョコレート直方店

ちょいと九州まで日帰り出張です。 
福岡県直方市にある久遠チョコレート直方店・川口奈緒子社長にお会いしてきました。 
ほがらかが、久遠チョコレートの仲間になるにはどうしたらいいか。 
現場でやっている人に教えてもらおうと思い、紹介していただいたのが冒頭の川口社長。 
とってもステキな方です。 
チョコレートもピュアなら、川口社長ご自身もピュアです。 
しかも、熱い思いを持ちながらも、決して狭い視野に陥らない。 
いろんなことを教えていただきました。 
何よりも、こういうステキな方ともっとつながりたいという思いが、より強くなりました。
そして、再び原点にかえって、「誰のために、何がしたいのか」を確認する、とてもいい機会になりました。 
来てよかった! 
川口社長、お忙しい中、お時間を割いてくださり、ありがとうございました!
 
福岡、到着。

  久遠チョコレート直方店のおしゃれな店内。

  とってもステキな川口社長。

 
絵本のしんちゃん